top of page

Race Report

第58回JBCF西日本ロードクラシック Day-2

日付:2024年4月28日(日)

開催地・コース:兵庫県加東市  兵庫県立播磨中央公園 サイクリングコース

距離: 140km(7km×20周)

 

ヴェロリアン松山 出走選手

鈴木 譲、堀 孝明、阿部 嵩之、桂 慶浩、新開 隆人、森 海翔、吉田 晴登、森本 凜太郎

 

Jプロツアー第8戦は、前日に引き続き兵庫県立播磨中央公園内の1周7kmの周回コースを20周する140km。

最高気温30度と暑さやコースレイアウトからサバイバルレースが予想された。

 

レースは1周目からハイペースで進み、2周目、3周目に数人ずつが抜け出し、早くもハイペースから抜け出すことのできた有力メンバーは10名。

 先頭10名は以下選手達。

橋本、松田、今村(チームブリヂストンサイクリング)

織田、アグロティス(マトリックスパワータグ)

中井、寺田(シマノレーシング)

沢田、武山(宇都宮ブリッツェン)

高梨(レバンテフジ静岡)

逃げに送り込めなかったヴィクトワール広島を中心に、

サイクラーズ・スネル、そしてヴェロリアン松山からも桂選手が集団のペースアップに協力する。

 50秒ほど広がったタイム差を、25秒までつめ、メイン集団をコントロールできるチーム力あるチームのアシスト勢がいなくなり、ヴィクトワール広島、ヴェロリアン松山からは鈴木、阿部が集団からアタックをして抜け出しを試みるも失敗。

再びメイン集団は一つになる。

その後、強力に牽引するチームはいなくなり、タイム差は3分まで広がる。

桂選手はバイクトラブルで遅れ、ヴェロリアン松山は鈴木選手、阿部選手のみとなる。

さらに暑さの影響もあり、メイン集団は30名程になりヴェロリアン松山から鈴木選手のみが残る。

一方、残り4周で先頭10名も協調体制は崩壊し、先頭は5名となり、チームブリヂストンサイクリングが圧倒的有利な立場になる。

橋本、松田、今村(チームブリヂストンサイクリング)

アグロティス(マトリックスパワータグ)

寺田(シマノレーシング)

 

メイン集団も個々でペースアップをする選手達も出始め、先頭から遅れた5選手を吸収して残り1周へ。

鈴木選手が単騎ながらポジションを上げて最後の登りを迎える。

6位狙いの攻撃に少し遅れて集団16番手の21位でゴール。

 

優勝は先頭の5名から、単独で残り3周を逃げ続けた松田選手(チームブリヂストンサイクリング)

さらに、追走の4名で優位に進めたチームブリヂストンサイクリングが2、3位と表彰台を独占した。

 

鈴木選手コメント

暑いレースだったが、暑さ対策をしっかりやっていたので後半まで上手くつなげられた。

前半にできた良いメンバーの逃げに乗せれなかったのが悔やまれる。

しかし超強力な逃げを捕まえることはできなかったが、後半に向けて桂選手が集団コントロールに入ってくれた事によって、集団内で良いポジションをキープできた。

後半、最後のペースアップにもう一つ前に残れればシングル狙えたが、それが今後の課題だと感じた。

チームとしてはハードなレース展開で、チームとして仕事をして、ポジション取りやチームとしての立ち位置を確保するには収穫があった。

 

リザルト

1位 松田 祥位 チームブリヂストンサイクリング 3:32:11

2位橋本 英也 チームブリヂストンサイクリング +0秒

3位今村 駿介 チームブリヂストンサイクリング+4秒

……

21位  鈴木 譲 ヴェロリアン松山 +2分19秒

DNF 阿部 嵩之ヴェロリアン松山

DNF 新開 隆二ヴェロリアン松山

DNF 桂 慶浩ヴェロリアン松山

DNF 森 海翔 ヴェロリアン松山

DNF 堀 孝明ヴェロリアン松山

DNF 森本 凛太郎

DNF吉田 晴登ヴェロリアン松山

閲覧数:144回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Race Report

Race Report

Race Report

Comments


bottom of page