top of page

Race Report

第58回JBCF東日本ロードクラシック群馬大会 Day-1
 日付:2024年4月20日(土)
 開催地・コース:群馬県利根郡みなかみ町 群馬サイクルスポーツセンター 6kmサーキットコース
距離: 150km(6km×25周)

ヴェロリアン松山 出走選手  鈴木 譲、堀孝明、阿部嵩之、小坂光、桂慶浩、新開隆人、村上裕二郎、森本凜太郎

Jプロツアー第5戦は、今年で58回目の開催となる伝統の「東日本ロードクラシック」。

4月の群馬サイクルスポーツセンターでの開催が定着しており、レースレーティングは「ゴールド」に指定されポイント配分が高い重要なレース。

ヴェロリアン松山はコンディションの良い鈴木、堀、阿部、桂の4名で後半の展開で上位を狙い、小坂、新開、村上、森本は前半からチームが有利に動くよう積極的な展開を作る作戦でスタート。

25周150kmのレースはスタート直後からアタックが繰り返される。

ヴェロリアン松山勢も積極的に前方で展開。

しかし、2周目に集団先頭付近で落車が発生。

前方で展開していたヴェロリアン勢はほぼ全選手が落車の影響で分断など巻き込まれてしまう。

鈴木選手、桂選手が落車。堀選手はバイク故障とコンディションが良く上位を狙う選手3名がこの落車でレースから離脱しまう。

レースは5周目に優勝候補を含む有力選手8名が先頭集団を形成。最大1分ほどのタイム差がひらく。

メイン集団には阿部選手、新開選手、森本選手が残る。

先頭に送り込めなかった宇都宮ブリッツェン、ヴィクトワール広島、アヴニール山梨、京都産業大学を中心にメイン集団をコントロール。

3名しか残っていないヴェロリアン松山だが、コンチネンタルチームとしてレースを動かすべく森本選手が集団コントロールに加わりペースアップ。

14周目には宇都宮ブリッツェンの外国勢とヴィクトワール広島、森本選手のコントロールによりタイム差を一気に30秒差まで縮める。

先頭8名もペースアップを図り、人数を減らし5名となるもペースを維持する。

メイン集団は森本選手が仕事を終え、集団から脱落。

この動きによりシマノレーシングなども牽引に加わり22周目に再び集団は一つになった。

メイン集団のヴェロリアン松山勢は阿部選手のみとなり厳しい展開。

その後の最終局面に単騎で挑む阿部選手であったが、対応できず先頭集団から脱落。

レースは、元全日本個人タイムトライアルチャンピオンの金子選手(群馬グリフィン)が単独で抜け出し優勝。

阿部選手は明日に切り替えつつ、57位でゴール。


・阿部選手コメント

スタート早々の落車でチームの全メンバーが影響を受けてしまい不運でした。

早い段階で3名となり、隆人(新開)と凜太郎(森本)がケアしてくれて形としては良かった。

しかし結果で応えられなかったのが悔しい。

個人的にはインフルエンザからの病み上がりで不安があり、満足はしていないが150km走りきれた事をポジティブに考えたい。

明日は短いレースですが、うまく立ち回って上位を目指したい。


・清水監督コメント

上位を狙うべき選手がトラブルによりレース早々に脱落してしまい、厳しい状況となってしまったのが悔やまれる。

中盤には3選手しか残れなかったが、チームとしてレースを作っていく姿勢を崩さず積極的に展開した森本選手の頑張りや経験を今後に繋げていきたい。

明日は仕切り直して違うレースにしていきたい。

閲覧数:155回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Race Report

Race Report

Race Report

ความคิดเห็น


bottom of page