top of page

Race Report

2024年Jプロツアー第1戦
第2回JBCF鹿屋・肝付ロードレース


日付 2024年2月24日(土)

開催地 鹿児島県立大隅広域公園周辺特設コース(1周6.5km)
距離:130km



ヴェロリアン松山のデビュー戦。

チームは初戦から上位を狙うプランで挑む。また中間スプリント賞や敢闘賞も狙えるよう積極的にレースに加わっていき、集団ゴールの際はキャプテン鈴木譲をエースに立てる。

スタート直後のアタックにヴェロリアン松山からは森本選手と新開選手がチェックして果敢に攻めていく。

しばらくアタックが合戦繰り返され、5周目に阿部選手が島野選手(イナーメ信濃山形)と集団から30秒のリードを築く。

しかし6周目にはメイン集団に吸収され、再び集団は一つに。

その後もハイペースの展開は続き、9周目に有力メンバーを含む10名の逃げ集団に新開選手が入る。

有力チームのエース級が入り、最大1分20秒差まで開く。

メイン集団は先頭10名に送めなかった、チームサイクラーズ・スネル、スパークル大分、シエルブルー鹿屋などが集団をコントロール。



逃げの10名

新開隆人(ヴェロリアン松山)

小林海、織田聖、アグロティス・アレクサンドロス(マトリックスパワータグ)

石上優大(愛三工業レーシング)

畑中勇介(キナンレーシングチーム)

柴田雅之(ヴィクトワール広島)

中井唯晶(シマノレーシング)

河野翔輝(チームブリヂストンサイクル)

渡邉和貴(アヴニール山梨)

14周目に、先頭10名から柴田選手(ヴィクトワール広島)が遅れ、15周目には新開選手が遅れてしまった。

この動きに対して、メイン集団はヴェロリアン松山、ヴィクトワール広島、さらに先頭10名の中にマトリックスパワータグが3名も送り込み、それを警戒したと思われるキナンレーシングや愛三工業レーシングもメイン集団のペースアップに加わり、

一気にタイム差は縮まり、残り2周に入る手前で再び集団は一つに。

残り2周で、村上選手(ヴェロリアン松山)が逃げ切りを狙うアタックをかけるも吸収され、

村上選手を先頭に残り1周へ。

最後の2kmで阿部選手(ヴェロリアン松山)に牽引された鈴木選手(ヴェロリアン松山)が先頭付近で最後の登りスプリントへ。

しかし、ラストのスプリント勝負で単騎となってしまった鈴木(ヴェロリアン松山)は埋もれてしまい16位でゴール。

リザルト(暫定)

1位 岡本 隼人(愛三工業レーシングチーム)

2位 小野寺 玲(ヴィクトワール広島)

3位 宇多川 塁(群馬グリフィンレーシングチーム)

……

16位 鈴木 譲(ヴェロリアン松山)

35位 吉田 晴登(ヴェロリアン松山)

38位 森本 凜太郎(ヴェロリアン松山)

45位 村上 裕二郎(ヴェロリアン松山)

56位 阿部 嵩之(ヴェロリアン松山)

70位 桂 慶浩(ヴェロリアン松山)

DNF 新開 隆人(ヴェロリアン松山)

Comments


bottom of page